• トップページ
  • 当院の特長
  • スタッフ紹介
  • 院内紹介
  • 診療メニュー
  • 求人情報
  • アクセス

入れ歯

しっかり噛める入れ歯をお探しの方へ

歯を失ってしまった場合の、もっともポピュラーな治療法は「入れ歯治療」です。入れ歯には「目立つ」「ずれて痛い」「しっかり噛めない」などといったマイナスイメージを持つ方も多いのですが、現在ではこうした欠点を克服した入れ歯が数多く登場しています。

倉敷市の山崎歯科クリニックでは、じっくりとカウンセリングを行ったうえで口腔内をしっかり確認し、患者様のご希望に沿った入れ歯をご提案・ご提供いたします。入れ歯に関することは、当医院までお気軽にご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット

メリット デメリット
(保険の入れ歯の場合)
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 手術が不要
  • 見た目や装着感に満足できない場合がある
  • しっかり噛めない場合がある
  • 隣の歯に負担がかかるタイプの入れ歯もある
  • 使用しているうちに合わなくなる場合がある

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯は、健康保険が適用できるものと自費のものに大きく分けられます。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 制限あり(レジンのみ) 自由に選べる
構造 制限あり 自由に選べる
費用 保険が適用されるため安価 保険の適用がなく高額
作製時間 短い 長い
見た目 違和感がある場合がある 自然
噛み心地 硬いものが噛めない場合がある 硬いものでも噛める

取り扱い入れ歯(自費)のご紹介

スマイルデンチャー
入れ歯を固定するバネ(クラスプ)がない入れ歯です。審美性が高く、軽くて軟らかい素材のため装着感もよいのが特徴です。
マグネットデンチャー
歯根と入れ歯に特殊な磁石を装着して、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単ですので、お手入れが楽にできるのが特徴です。
シリコンデンチャー
歯ぐきにあたる部分に生体用シリコンを使用した入れ歯です。弾力と吸着力があり、しっかりとフィットすること、歯ぐきにかかる負担が軽いことが特徴です。
金属床義歯
歯ぐきに当たる部分が金属でできている入れ歯です。使用する金属には、ゴールド、コバルトクロム、チタンがあります。丈夫で、熱伝導率がよいことで食事が楽しめるというのが特徴です。

入れ歯一覧

入れ歯自費診療1年保証

コバルトクロム
アレルギーを起こしにくい金属「コバルトクロム」を使用した入れ歯。丈夫で薄い。
チタン
アレルギーを起こしにくい金属「チタン」を使用した入れ歯。コバルトクロムの4分の1の軽さ。
オプション シリコンフィット
磁性アタッチメント
やわらかいシリコンを使用した「シリコンフィット」と、入れ歯の固定に磁力を利用した「磁性アタッチメント」のオプション。
スマイルデンチャー 片側
両側
薄く、軽く、弾力のある特殊な樹脂で作られた入れ歯。自然な見た目に仕上がる。

このページの先頭へ