• トップページ
  • 当院の特長
  • スタッフ紹介
  • 院内紹介
  • 診療メニュー
  • 求人情報
  • アクセス

安心してご来院いただける7つの理由

山﨑歯科クリニック 安心の7つのポイント

SMILE LABORATORY

ポイント1.信頼

コミュニケーションを大切にします。歯科治療で大切なのは十分な説明と フォローアップだと考え、患者様が何を求めているのかよく聞き、ニーズに幅広く対応できるようにしています。

ポイント2.配慮

患者様の身体的・精神的な負担を減らすために、できるだけ「痛くない」「削らない」「抜かない」診療を行っています。痛みが気になる方も、安心してご来院ください。

3.親しみ

ポイント3.親しみ

高度で質の高い歯科医療を身近なものとし、患者様が安心できる治療を提供するホームドクターを目指します。

ポイント4.最先端

常に最新の知識・技術を取り入れ、磨いていき、新材料や最新機器の導入に努めます。

ポイント5.清潔

徹底した院内感染対策で、自分の身内にも安心して受けてもらえる消毒・滅菌体制を整えてます。

ポイント6.癒し

従来の歯科のイメージを和らげられる快適な空間を作り、ホスピタリティーの精神を大切にします。

7.スピード

ポイント7.スピード

患者様の貴重な時間を大切にするために、なるべくお待たせしないシステムを採用しています(急患があった場合、少しお時間を分けていただくこともあるかもしれません)。

無痛的治療

歯科診療の悩みでもある「痛い、怖い」というイメージを改善するために、当院では「無痛的治療」に取り組んでいます。どうぞ安心してご来院ください。

※「無痛的治療」とは、無痛に近い治療であってまったくの無痛ではありません。

表面麻酔

ゼリー状の麻酔薬です。歯肉表面に3分程塗ることで、チクッとする痛みが和らぎます。

麻酔液の保湿

冷たい麻酔液を使用すると、体温との差により痛みを感じます。当院では、痛みを和らげるために麻酔液を37℃程に温めてから使用しています。

電動浸潤麻酔器

コンピュータ制御により注入速度と圧力を自動的にコントロールします。設定した低速度で少量ずつ注入できるため、麻酔が速くよく効きます。結果、麻酔液の量を最少限に抑えることができるため、安心・安全です。

もっとも細い麻酔針

麻酔針は、細い方が痛みを感じにくくなります。当医院では、33Gというサイズの極細のものを使用しています。

テクニック

麻酔針を入れる際に、歯肉を振動させてもってくるようにすることで、さらに痛みを軽減します。

歯科外来診療環境体制加算とは

倉敷地域の皆様に安全かつ安心な歯科治療を提供するため、当医院は歯科外来診療環境体制加算の基準を満たす設備体制を整えております。

歯科外来診療環境体制加算は、機器に限らず他の保険医療機関との連携体制の確保など、厚生労働大臣が定める以下の施設基準を満たした場合に認められます。これらの基準を満たすことは、歯科診療の持つ性質を念頭に置き、万が一の緊急事態に適切な対応ができる医療機関であることが認められたということ。患者様がより安心で安全な診療を受けられる環境整備を図る取り組みへの評価となります。
歯科外来診療の総合的な医療環境および体制を整備することで、患者様が安心して診療を受けられるよう取り組んでおります。

歯科外来診療環境体制加算に関する施設基準

  1. (1) 偶発症に対する緊急時の対応、医療事故、感染症対策等の医療安全対策に係る研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること。
  2. (2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること。
  3. (3) 患者にとって安心で安全な歯科医療環境の提供を行うにつき次の十分な装置・器具等を有していること。
    ア 自動体外式除細動器(AED)
    イ 経皮的酸素飽和度測定器(パルスオキシメーター)
    ウ 酸素(人工呼吸・酸素吸入用のもの)
    エ 血圧計
    オ 救急蘇生セット(薬剤を含む。)
    カ 歯科用吸引装置
  4. (4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるよう、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること。
  5. (5) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底する等十分な感染症対策を講じていること。
  6. (6) 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること。
  7. (7) 歯科用吸引装置等により、歯科ユニット毎に歯牙の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できる環境を確保していること。
  8. (8) 当該保険医療機関の見やすい場所に、緊急時における連携保険医療機関との連携方法やその対応及び当該医療機関で取り組んでいる院内感染防止対策等、歯科診療に係る医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示を行っていること。

このページの先頭へ