• トップページ
  • 当院の特長
  • スタッフ紹介
  • 院内紹介
  • 診療メニュー
  • 求人情報
  • アクセス

一般歯科・レーザー治療・根管治療・小児歯科

  • 一般歯科
  • 根管治療
  • 根管治療
  • 小児歯科

歯が痛む・しみる「一般歯科」

一般歯科とは、おもに虫歯の治療を行う診療メニューです。虫歯とは、簡単にいうと酸によって歯が溶かされる病気のこと。溶かされ方の度合によって、C0~C4という5段階に分類され、その段階に応じた治療を行います。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法

C0
ごく初期の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1
エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たいものがしみることがありますが、まだ痛みはありません。 虫歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。

C2
象牙質の虫歯

エナメル質の内側にある象牙質まで虫歯が進行した状態。冷たいものや甘いものがしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)で補います。

C3
神経まで達した虫歯

神経まで虫歯が進行した状態。熱いものがしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。

C4
歯根まで達した虫歯

歯の大部分が溶けてなくなり、歯根まで虫歯に冒された状態。神経が死に、痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、あるいはインプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

歯を残すための治療「根管治療」

根管治療とは、虫歯が神経にまで達した場合に行う、歯を残すための治療です。歯の神経や血管の入った細いトンネル状の「根管」から、汚染された神経・血管や象牙質を取り除き、根管内を清掃して消毒します。

治療の流れ

  1. 歯の神経を除去し、根管の長さを測ります。
  2. 根管内を洗浄します。
  3. 根管内を消毒します。
  4. 根管充填剤などの薬剤を詰めます。
  5. 蓋をします。

当医院の特徴

CT

顎の骨など肉眼では見えない部分の立体的な画像を撮影できるCTを使用して、診断の精度を高めます。当医院は、協力関係にある倉敷成人病センターにて撮影を行っております。

拡大鏡

肉眼では確認できない患部を拡大して見ることができる拡大鏡を使用するため、精密な治療が可能になります。
NiTiファイル 根管を形成・拡大する器具「NiTiファイル」を使用します。高い弾力性を有し、湾曲した根管の治療にも迅速に対応できます。

レーザー治療

レーザー治療とは、歯科用レーザー機器を使用して行う、安全性 の高い治療法です。痛みが出にくいほか、殺菌や鎮痛、消炎、止血といった効果も期待でき、治りも早くなります。そのため当医院では、外科的な処置のほか審美治療や根管治療など幅広い診療で活用しています。

レーザーの用途・効果

口内炎 口内炎の炎症を緩和し、痛みを取り除きます。
知覚過敏症 光を照射することで歯がしみるのを防ぎます。
歯周病 歯周病による炎症を抑え、歯茎の腫れを改善します。
根管治療 根管内に照射することで、患部を殺菌・消毒します。
インプラント インプラント手術後の傷の治りを早めます。
メラニンの除去 歯茎の黒ずみを除去し、健康な色に戻します。
止血・殺菌 抜歯後などの止血・殺菌に役立ちます。

レーザー治療の症例

ケース1 口内炎の治癒

ケース2 メラニン色素の除去

ケース3 初期虫歯の治療

お子様のお口の健康を守る「小児歯科」

歯が生えてきたばかりの赤ちゃんから、乳歯が生えそろう12歳くらいまでのお子様を対象とした歯科診療メニューが小児歯科です。小児歯科ではお子様の口腔内の健康を守るために、虫歯治療はもちろん、虫歯にならないための予防処置や正しい噛み合わせへと導く矯正治療を行っています。

小さな頃から定期検診に通うことに慣れさせて、一生を健康な歯で過ごすための土台を築いてあげるのが親御様の大切な役割です。私たちと一緒に、お子様の歯を守りましょう。

倉敷市の山崎歯科クリニックでは、お子様と親御様とのコミュニケーションを大切に、年齢に合わせた無理のない治療を行っています。予防矯正に力を入れ、大人の歯に正しく生え替わるように導くとともに、虫歯になりにくいお口作りや正しい歯みがき習慣の確立についてのアドバイスを行います。

治療に対する当医院の考え方
  • コミュニケーションを大切にします。
  • 年齢に合わせた無理のない治療を行います。
  • 虫歯になりにくいお口をつくります。
  • 正しい歯磨き習慣の確立をサポートします。
  • 大人の歯に正しく生え変わるようにアドバイスします。
  • 予防矯正に力を入れています。

当医院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導

虫歯予防の基本は、毎日のブラッシングです。患者様の歯並びや歯の形状に合った正しいブラッシング方法、親御様による仕上げみがきの方法をご指導します。

虫歯予防の基本は、毎日のブラッシングです。患者様の歯並びや歯の形状に合った正しいブラッシング方法や、親御様による仕上げみがきの方法をご指導します。

フッ素塗布

フッ素が持っている虫歯抑制効果を利用し、定期的に歯に直接塗布することによって虫歯を防ぐ方法です。乳歯が生え始めた頃から始めることをおすすめします。

フッ素の虫歯抑制効果を利用し、定期的に歯に直接塗布することによって虫歯を防ぐ方法です。乳歯が生え始めた頃から始めることをおすすめします。

シーラント

シーラントとは、お子様の奥歯の溝をプラスチック樹脂で埋めて、食べかすが詰まるのを防ぐ虫歯予防処置です。乳歯や、生えたての永久歯は虫歯にかかりやすいので、シーラントがおすすめです。

床矯正

お子様の成長を利用して顎の拡大を図るのが床矯正です。食生活の変化により、やわらかい食べ物が増えたことで、顎が正常に成長しないケースが増えてきています。床矯正で永久歯が生えそろうスペースを確保し、抜歯のリスクを低くします。

過剰歯の抜歯

お子様によっては、本来生えてくる歯の本数以上の余分な歯「過剰歯」が生えてくることがあります。過剰歯はお口全体の歯並びを乱したり、永久歯への健やかな生え替わりを妨げたりすることがあるため、抜歯する場合があります。

マタニティー歯科

倉敷市の山崎歯科クリニックでは、妊婦の方の歯科治療にも対応しております。妊娠中は、つわりなどによって口腔内環境が乱れやすくなっていますので、自覚症状がない場合でも、一度歯科検診を受けることをおすすめします。

治療は、安定期に入る5ヶ月目くらいから始めましょう。

このページの先頭へ