• トップページ
  • 当院の特長
  • スタッフ紹介
  • 院内紹介
  • 診療メニュー
  • 求人情報
  • アクセス

口腔外科(親知らず)・噛み合わせ治療

  • 口腔外科
  • 噛み合わせ治療

お口周りの外科処置を行う「口腔外科」

倉敷市山崎歯科クリニックの口腔外科では、歯ぐきや唇、舌、顎の外傷や腫瘍に対する処置、親知らずの抜歯などといった、お口周りの外科治療を行います。当医院は口腔外科にも対応しておりますので、気になる症状などがありましたらお気軽にご相談ください。

口腔外科メニュー

親知らずの抜歯

親知らずが半分埋まったままだったり、斜めに生えていたりする場合、虫歯や歯周病を引き起こす原因となるおそれがあります。また、周囲の歯が親知らずに圧迫され、歯並びが乱れる原因となることも……。このような場合は、抜歯の検討が必要です。

歯牙移植

虫歯などが原因で抜歯した部分に、ご自身の親知らずなどを移植します。ご自身の歯を使うため適合性が高く、拒絶反応などが起こりにくいというメリットがあります。

水平埋伏智歯

高い技術力を要する「水平埋伏智歯(横に生えている親知らず)」の抜歯も、当医院で対応可能です。他院で断られた場合でもご安心ください。

だ液腺疾患

以下のようなだ液腺の疾患の治療にも対応しています。

粘液嚢胞(のうほう) 口の中の粘膜にだ液が貯留し、小豆大の軟性の腫れものができる疾患
唾石症 食事の際に顎の下に痛みが出て、食事が終わると痛みが消える疾患
口腔乾燥症 加齢などの原因によりだ液の分泌が低下する疾患
その他 味覚障害や舌の表面の光沢、口腔内の疼痛などといった疾患
口腔粘膜疾患(口内炎など)

口腔粘膜疾患とは、舌や歯ぐき、頬の内側など、お口の中を覆う粘膜に発生する病気の総称です。ウィルス・細菌・真菌・感染症など原因はさまざまです。全身疾患の兆候が先に口の粘膜に出ることもありますので、口の粘膜に変化が起こったら、できるだけ早く当医院にご相談ください。

提携医院について

  • 倉敷先人病センター
  • 倉敷中央病院
  • 川崎医科大学附属病院

全身に悪影響を及ぼす噛み合わせの乱れを治す「噛み合わせ治療」

「口を開ける時に顎がカクカクする」
「奥歯で食べ物が噛みにくい」

こういった症状にお悩みの場合、もしかしたら噛み合わせの乱れや歯ぎしりが原因かもしれません。噛み合わせが乱れている場合や歯ぎしりのようなクセがある場合、歯に対して不正な力がかかります。

「少し違和感がある程度だから」と放っておくと、歯や歯周組織(歯を支えている骨や歯ぐきなど)にダメージを与えてしまうことも。また、こうした問題はお口の中だけでなく全身に悪影響を及ぼす危険もあります。お口に少しでも違和感がある場合は、早めにご相談ください。

噛み合わせの悪さや歯ぎしりによるダメージ例
  • 不正な力がかかることで歯並びが乱れる
  • 他の筋肉で崩れたバランスを元に戻そうとするため、首や頭部、背骨に負担がかかる
  • 全身のバランスが崩れて肩こりや腰痛、頭痛、耳鳴り、めまい、手足のしびれなどが起こる

歯ぎしりについて

「歯ぎしり」とは、何かを食べているわけではないのに下顎を前後左右に動かして、上下の歯を強くこすり合わせることを指します。歯ぎしりは以下のタイプに分類されます。

グラインディング 上下の歯を臼のようにすり合わせることで、一般的に「歯ぎしり」といえばこの運動を指します。異常な力がかかるので、歯が割れたり抜歯に至ったりすることも少なくありません。
クレンチング 上下の歯を静かに噛み合わせる運動です。自覚症状がほとんどないので気付きにくく、また治りにくいことが多々あります。
歯ぎしりによる悪影響
楔(くさび)状欠損 知覚過敏を引き起こす症状。歯ぎしりなどで噛み合わせが乱れて、歯に無理な力がかかることで起こる。
骨隆起(こつりゅうき) 上顎や下顎の内側に骨がポッコリ出っ張って、ふくらみができてしまう症状。

上記の症状がある場合、入れ歯が入らなくなってしまう可能性もあります。このように、歯ぎしりは歯思いがけない部分にも悪影響を及ぼしてしまうため、早めの治療をおすすめします。

マウスピース(ナイトガード)で、できるだけ早く治療しましょう

歯ぎしりによる負担を軽減するには、マウスピースによる治療が有効です。「ナイトガード」とは、就寝時に使用する透明のプラスチック製のマウスピースのこと。装着することで歯や顎に加わる力を調整して、歯ぎしりの症状を抑えます。当医院ではハードタイプのナイトガードを取り扱っています。

このページの先頭へ